「倉庫から出てきた古い着物。値段がつくか心配だったけど、高値で買取してもらえました」「亡くなった母の遺品整理ででてきた着物を買取してもらいました。素早い対応で好印象です」

買取プレミアムは名前の通り、査定員の丁寧な対応が特徴的です。

着物をできるだけ高く売りたいときに買取プレミアムを選ぶべき理由を紹介します。

買取プレミアムはどんな会社?


着物買取について調べていた「バイセル(スピード買取.jp)」や「福ちゃん」をよく見かけたけど、買取プレミアムはあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。

実は、買取プレミアムを運営している会社はバイセルの運営会社と同じです。どちらも「株式会社BuySell Technologies」という会社が運営している中古品買取サービスです。

では、どのように違いがあるの確認してみましょう。

バイセル(スピード買取.jp)との違い


バイセル(スピード買取.jp)はサービス名称の通り、買取の早さを売りにしています。

株式会社BuySell Technologiesの公式サイトを見てみると「バイセル(スピード買取.jp)は買取の早さを重視していたり、大量査定や遠方に住んでいる方に満足していただけるサービスです」「買取プレミアムは高品質な査定員が上質なサービスを提供します。女性査定員の使命も可能です」という趣旨のサービス概要が書かれています。

ですが、各サービスの公式サイトを確認してみると、買取プレミアムでも「最短30分で買取査定に伺います」と書いてあるし、バイセル(スピード買取.jp)の紹介動画でも「訪問買取が不安な方のために女性の査定員もいます」といったことが言われています。

買取プレミアムとバイセル(スピード買取.jp)の違い

・バイセル(スピード買取.jp)は買取までの早さが強み
・買取プレミアムはじっくり査定してくれることが強み

利用した人の口コミを読むと「どちらも変わらない値段みたい」という話もあるので、どちらで買取査定を頼んでも大きくは変わらない可能性もあります。

そこで、買取実績のページを読み比べてみました。

バイセル(スピード買取.jp)の買取実績には「人間国宝が染めた着物がこの価格で!」「ほぼ未使用の大島紬の着物がなんとこの金額に!」といった反物や着物自体にブランド力があるものがとても多いんです。買取査定のスピードを重視しているので、有名な産地で織られた反物や知名度が高い染め師が制作に関わった着物に値段がつきやすいのでしょう。

逆に言うと、ブランド力がない着物の場合はバイセル(スピード買取.jp)で高い買取価格がつくことを期待しない方がよさそうです。

「着物を買取査定にお願いしたいけど、そこまで有名なものじゃないから値段がつくか心配」という場合は買取プレミアムに査定を依頼しましょう。

買取プレミアムの公式サイトで紹介されている買取実績のなかには「無名作家の訪問着がこの価格に」といったものもあります。有名作家であれば高い値段がつくのは当然ですが、無名作家の着物を依頼するなら買取プレミアムの方が値段がつくことを期待できるでしょう。

バイセル(スピード買取.jp)より買取プレミアムを選んだ方がいい場合

・バイセル(スピード買取.jp)は有名作家の着物に高額な値段がつきやすい
・買取プレミアムなら有名作家はもちろん、無名作家でも高値の買取価格が期待できる

買取プレミアムで着物を売った人の口コミ


「予想していた金額よりも高い金額で買取してもらえた」「たくさんの着物も丁寧にしわけて迅速に査定してくれた」

買取プレミアムで着物を売った人の口コミは「査定員の対応がきめ細かく、丁寧だった」というものが多い傾向があります。

中には「ずいぶんと昔に購入した訪問着が余っていて、取り扱いに困っていたんですよ」という利用者もいました。訪問着は着物の中でも市場に出回りやすく、買取値段がつきやすいとされています。

それなので、古いとはいえ訪問着の値段がつかないということは考えづらいです。なぜその買取依頼をした方が訪問着の取り扱いに困っていたかというと、着物が汚れていたからなんです。

中古品買取サービスの多くは「汚れている着物」「古くて家のにおいがついてしまっている着物」は値段がつけてもらいづらい傾向があります。

こんな着物でも買取プレミアムにお願いすると値段をつけてもらえる

・古くなった着物
・汚れてしまった着物

近所の中古アパレル店などに着物をもっていたことがあればわかると思いますが、基本的に着物は買取をしてもらえないことが多いです。

昔から「着物は二束三文の値段でしか買取してもらえない」と言われます。その理由は着物が個人の体型に最適な採寸をされているので中古品として扱いづらいということもあるのですが、着物の柄にも流行があるからです。

流行にあっている着物であれば中古市場でも値段がつきやすいため、買取をしてもらいやすいです。

ですが、50年前くらいのやや古い着物だとデザインに人気がないため中古の販売ルートを見つけるのが大変です。そのため、買取価格が安くなってしまったり、値段がつけられないことがあるんですね。

100年以上前の反物で織られた着物であればアンティーク品として価値をつけてもらうことができますが、昭和の中期から後期に作られた着物は骨董品として扱ってもらうことは難しいのが一般的です。

買取プレミアムの場合は「古い着物で値段をつけてもらえるか心配だったけど、買取してもらえてよかった」という口コミもあるので、古くなった着物でも安心して査定をお願いすることができますよ。

買取プレミアムなら店舗の持ち込みでも買取査定できる


買取プレミアムでは3つの買取査定方法があります。

買取プレミアムで対応している査定方法

・出張買取
・宅配買取
・持込買取

出張買取宅配買取に対応しているので、とても利用しやすいです。

しかし、出張買取は自宅に査定員が訪問するので「買取してもらおうと思っていたけど、この値段だったら売るよりも保管しておいたほうがいいな」となることもありますよね。

わざわざ訪問をしてもらったのに断るのは心苦しいです。

宅配買取の場合は買取してほしい着物を買取プレミアムの会社へ郵送するので、キャンセルするときに返送するための送料がかかってしまいます。

査定金額に納得がいけばそのまま買取してもらうだけなので送料を負担する必要はありませんが、返送する場合を考えると宅配買取はあまり利用したくないですよね。
実際に査定員が目の前で査定するわけではないので、きちんと細かいところまで見てくれたか心配する方もいます。

そこで利用されるのが持込買取です。買取プレミアムは北海道から沖縄まで8つのエリアに分けられています。ですので、エリアごとに持込買取の店舗が運営されているはずなのですが、店舗の場所は公開されていません。電話やメールで相談できるので、そこで近くの店舗を聞く必要があります。

出張買取と宅配買取が不安で持込買取をしたい場合は電話かメールで申し込みをしましょう。

実際に持込買取をしてもらった人からは「目の前で清潔感がある査定員が白手袋をつけて丁寧に調べて値段をつけてくれた」と評判がよいです。

まとめ


買取プレミアムはバイセル(スピード買取.jp)と同じ会社が運営している買取サービスです。

どちらも着物の買取を中心に扱っており、査定の実力は間違いありませんがサービス内容がやや異なります。バイセル(スピード買取.jp)が大量の査定や査定から支払いまでの早さを得意としているのに対して、買取プレミアムは着物をひとつずつ丁寧に査定してくれるのが特徴です。

有名作家の着物が複数ある場合はバイセル(スピード買取.jp)でも値段がつきやすいですが、無名作家の着物が複数ある場合は状態を丁寧に見てくれる買取プレミアムで査定をお願いした方がよいでしょう。

少し古かったり、汚れたりしていても買取してくれる場合もあります。

出張買取、郵送買取、持込買取の3種類に対応しているので、住んでいる地域ならどの買取方法が便利なのか電話またはメールで相談してみましょう。


 使いやすいサービスはどこ?着物買取サービスのランキングベスト3はココ!