バイセル(スピード買取.jp)は不要になったものを高い値段で買取してくれるみたいだけど、評判はどうなの?」

バイセル(スピード買取.jp)はテレビCMを積極的に放送しているので、日頃からインターネットを利用しない人にも知られるようになってきました。

毎月の利用者は1万人を超え、運営している企業も業績を伸ばしています。

実は運営している会社の名前が「株式会社エース」から「株式会社BuySell Technologies」に変わり、ブランドイメージの向上にも努めています。

これからますます成長していく買取サービスなので、不要になったものを売るならバイセル(スピード買取.jp)を利用することをオススメします。

今回はバイセル(スピード買取.jp)の特徴や取り扱い商品などを紹介していきます。


 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント
 【失敗しない!】着物買取業社の選び方と最適な見積もり方法はこれ!

バイセル(スピード買取.jp)の取り扱い商品


「不要になったものなら何でも買い取ってくれるんじゃないの?」はじめて買取サービスを利用するときは、どんな不要品に値段がつくかわからないですよね。

買取サービスにはそれぞれ特徴があって、バッグや時計などの高級ブランドグッズの買取を得意としている企業もあれば、昔ながらの切手や着物を得意としているサービスもあります。

バイセル(スピード買取.jp)にも査定価格が高くなりやすいものと、そうでないものがあります。

特徴を理解して、損をしないように気をつけてくださいね。

得意な買取ジャンル


バイセル(スピード買取.jp)は買い取り商品の幅が広く、買取価格も高いことが特徴的です。

いくつか参考買取金額を紹介すると、大粒のダイヤモンドが440万円、希少性が高い赤猿の切手シートが432万円とかなり高額な買取価格を提示しています。

赤猿の切手はコレクターの間ではよく知られている希少な中国切手ですが、単体での買取価格は14万円前後とされるのが一般的です。切手シートとはいえ、432万円という買取価格はかなり高額です。

切手やダイヤなどの定番品目以外にも以下のような商品も買取対象になっています。

・着物
・切手
・古銭
・宝石
・金
・プラチナ
・ダイヤモンド
・毛皮
・お酒
・時計
・骨董品
・金券
・ブランドアパレル
・ブランドグッズ

買取業者の中にはブランドバッグや高級時計はそこそこの金額で買取するけど、それ以外のものは引き取りすらしてくれないというところもあります。バイセル(スピード買取.jp)は価格的にも取り扱い商品的にも優れた買取サービスです。

バイセル(スピード買取.jp)で取り扱っていない商品


不要品ならなんでも買い取ってくれるというわけではありません。
中には買取査定の対象外になっている商品もあるので、確認しておきましょう。

・カメラ
・ギター
・携帯電話
・模型

上記の商品はバイセル(スピード買取.jp)では買取を行っていません。

どうしても値段をつけて引き取りしてもらいたい場合は「おたからやの宅配買取」など総合的に買取をしている買取サービスに査定を頼みましょう。

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント
 【失敗しない!】着物買取業社の選び方と最適な見積もり方法はこれ!

サービスの特徴


買取サービスの中でも注目度がかなり高くなっているバイセル(スピード買取.jp)ですが、人気がでてきている理由がきちんとあります。

CMに坂上忍など有名人を起用していることで、買取サービスとしてのブランドも広く知られはじめましたが、買取を依頼するユーザーのことを大切に考えていることがよくわかるサービス内容です。

主流買取サービスと同様に提供されているサービス

出張買取
宅配買取
店舗へ持ち込み買取
見積もり・査定料・買取手数料などが無料
LINE@買取査定

LINE@を使った簡易な買取査定は「着物買取 福ちゃん」「おたからやの宅配買取」などで提供が開始されています。画像をスマホで撮影して送るだけで簡単な査定を行ってくれるので、「買取金額がどれくらいつくか気になっているけど、郵送してまで査定してもらうのはちょっとイヤだ」というときには便利です。

出張買取・宅配買取などはどの買取サービスでも提供されているサービスですが、LINE@は主要な買取サービスの中でも数えるほどしか提供をはじめていません。

買取サービス業界でも新しいことを取り入れているので、買取査定を利用したユーザーの満足度も高いです。

不要になったものは近所のリサイクルショップにもっていた方が手間がかからないし、時間も削減できると思うかも知れません。

ですが、バイセル(スピード買取.jp)を利用するとすぐに自宅まで買取査定に訪問してくれますし、リサイクルショップでは買取が難しいとされる着物や切手などを適正な価格で買取をしてくれます。

とくに着物を買取してもらいたいという場合はバイセル(スピード買取.jp)に査定を依頼することをオススメします。

着物は個人の体型に合わせて仕立てるため、買取価格が安くなりがちです。全国チェーンとして展開しているリサイクルショップに持っていても引き取りしてくれないこともあります。仮に買取をしてくれたとしても、60万円で購入した着物が500円で買取されるという程度です。

いくら不要品とはいっても、数百円程度で買取されるのは納得できませんよね。

それなので、着物を売りに出すときは近所のリサイクル店などでお願いするよりも、着物を専門的に取り扱っている買取サービスを利用する方が損をしないんです。

バイセル(スピード買取.jp)独自の特徴

・24時間365日の電話対応
・申し込みから30分で自宅へ訪問してくれる
・リサイクル店では取り扱えない商品の買取もしている

買取サービスの中でも圧倒的にサポート体制が充実しています。申し込みしたらすぐに訪問してくれるので、売ると決めたものがお金になるまで時間がかかりません。

なかでもバイセル(スピード買取.jp)は全国どこでも無料で出張してくれますし、電話受付が24時間あいています。

着物を専門としている 「着物買取のヤマトク」では電話の受付時間は朝の9時から夕方17時45分までです。

「夜中に電話をすることがないからコールセンターの営業時間には興味がない」と考えるかもしれません。たしかに深夜に買取査定の申し込みを電話でする機会はあまりないはずですが、夜間でも対応できるほど企業の業績が伸びていると考えることができます。

中古品の買取業者は利益率が3割程度が一般的です。10万円で買ったものを15万円ほどで売って儲ける商売なので、大量の商品を買取しなくては企業の業績を伸ばすことは難しいです。

ですので、コールセンターを24時間運営するほどの資金があるということは、新規の買取査定申し込みやリピートの申し込みが増えて企業全体の収益が伸びていると考えることができるでしょう。

このことから、バイセル(スピード買取.jp)は顧客満足を重視したサービスを提供していると考えることができます。

 【失敗しない!】着物買取業社の選び方と最適な見積もり方法はこれ!

買取の手順


バイセル(スピード買取.jp)でいらなくなったものを販売するためには身分証明書を提示する必要があります。古物営業法で定められているルールなので、法律に従って営業しているということがよくわかります。

近所のリサイクル店などでは身分証明書の提出を要求されないことがあるかもしれません。その場合、古物商として登録していない査定技術がないお店だと考えられますから、いくら不要品でもそのお店に売るのはやめておきましょう。

バイセル(スピード買取.jp)なら古物商の資格を取得しているのはもちろん、法律を遵守して営業を行っています。

買取申し込みに必要な身分証明書類

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・外国人登録証明書

その他にも様々ありますが、一般的な身分証明書類であれば問題ありません。

身分証明書が用意できてたら、申し込みを開始しましょう。
用意されているフォームに名前や住所などの個人情報を入力します。

営業時間(朝の9時から夜の21時まで)の間に電話がかかってきます。その電話で買取査定に訪問してもらう日を決めて、あとは当日を待つだけです。

買取査定当日は査定してもらう商品と身分証明書だけ用意しておけば大丈夫です。

専門の査定員が丁寧に商品価値を見定めてくれます。
金額がその場で伝えてもらえますので、納得いけばその金額を現金で手渡ししてくれます。

バイセル(スピード買取.jp)の総合評価


はじめての買取サービス利用ならバイセル(スピード買取.jp)はオススメです。

リサイクルショップでは買取が難しい着物や切手でも、専門の査定員が価値を見定めて適切な値段で買取をしてくれます。地域によって時間は異なりますが、申し込みから30分で訪問してくれる場合もあります。必要なくなったものが申し込みから1時間後には現金になるので、とても助かりますよね。

はじめて買取を依頼するからどこを使えばよいかわからないという人ほど、サポートが手厚いバイセル(スピード買取.jp)をオススメします。


※バイセル(スピード買取.jp)に査定をお願いしてみる
 https://speed-kaitori.jp


バイセル(スピード買取.jp)は、以下のランキングページで私が最も評価している業者です。

ただ、他の業者でも、例えば『着物1袋で1000円』など、特徴的なサービスを打ち出している場合がありますので、状況に合わせて使い分ける意識が大切です。
そうした目線で、ぜひ合わせてチェックしてみてください。


 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント