家のタンスに保存してある着物の取り扱いに困ったこと、ありませんか?
ひょっとしたら今もタンスの中に嫁入り道具としてもってきた着物が眠っているかもしれませんね。

穴があかないように虫干ししたり、着物用の樟脳を毎年のように買い換えたりしているのではないでしょうか。保存の手間がかかるし、日常的に着物を着ることもほとんどありませんよね。

そんな昨今の着物事情から、専門業者に着物の買取を買取を頼む人も沢山います。

実際にリサイクル店で着物を売った人に話を聞いてみると、「50万円した着物が500円で買取されたなんてよくある話なんです」と言っていました。

そんな買取金額が安いと思われがちな着物ですが、買取査定を依頼する場所を選べば納得がいく金額で買取をしてもらえることも十分に可能!なんです。

ここでは着物を売るときに知っておきたいことや買取業者の選び方について紹介します。

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント

売る場所を間違えると二束三文の値段がつけられるので要注意!


「親が老人ホームに入って着物を着る機会がなくなったから、これを機に買取業者に引き取ってもらおうと思う」そう考える方は少なくありません。

ですが、売る場所を間違えると痛い目にあうので気をつけてください。実際「10着も買取をお願いしたのに5着しか引き取ってもらえなかった。しかも値段はたったの2,500円にしかならなかった」と悔しがる方をたくさんみてきました。

以下の3点を頭に入れた上で、ここから先をお読みください。

・リサイクル店では、知識がないので値段が安く提示されやすい
・リサイクル店では、従量制で値段がつけられることもある
・出張買取査定を依頼した方が納得のいく値段がつく


着物の買取は依頼する場所の選び方を間違えなければ、納得の値段で売ることができます!

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント

着物が安く買取されてしまう理由


一般的に着物は「一山いくら」という値段の付け方がされるくらい、買取価格が安くなってしまう傾向にあります。その理由は着物の特性にあります。

洋服であれば、MやLなどのサイズが大きく分類されているので大量生産に最適です。しかし、着物の場合は首の周りや袖の長さなど、ひとりひとりの体型にあわせて仕立ててあります。

そのため、買取した着物をそのまま販売してもなかなか買い手がつかないということもあるんですよ。

「洋服と違って着物は丈の調整ができるから中古でも十分に着れるじゃないか」

着物についてご存じの方であれば、サイズの調整ができるから買い手がつくと想像できると思います。
ですが、寸法直しをすることは時間がかかる作業なのでそれなりにお金がかかります。

新しい買い手が費用をかけて着たいという着物であれば値段はつきますが、それほど高級な着物をタンスで眠らせていることはあまり多くないはずです。

ただ、独自の販売ルートを持って買取している業者であれば、そういった着物特有のデメリットを打ち消し流通させるノウハウがあります。

大切に保存しておいた着物だからできるだけ高い値段で、丁寧に買取をしてほしいと思う気持ちはとてもよくわかります。
ですので、売る場所を間違えると悲惨なことになるので要注意です!

売る場所によっては、二束三文でしか売れないと言われる着物なのできちんとした値段をつけてくれる買取サービスを選ぶことが重要なんです。

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント

高級な着物は高く買取してもらえる


あなたの家にある着物が絵染めの人間国宝によってデザインされたものであれば、買取価格はとても高くつくと期待することができます。

「母が古くから大切にしてきた着物なんだけど、高級品なのかあまりわからない」という方も多いですが、その場合は着物買取を専門に行っている業者に依頼するときちんとした値段で評価してもらえる可能性が高いです。

買取業者に査定してもらうのはよいけど、査定金額が適切な値段か信用できるような根拠がほしいと思うかも知れませんね。
その場合は着物を仕立てたときについていた証紙を確認してみましょう。真綿であるとか、大島紬であるとか、生地にまつわる情報がまとめてあります。

そちらを参考にすると仕立てる前の反物に価値があるものかどうか一目で確認できます。証紙が残っている着物は高額で買取される可能性がとても高いです。

ただし、どんなに高級な着物であっても、買取をお願いする業者を間違えてしまうと、とんでもなく安い値段で買い叩かれてしまうので注意してください。

リサイクルショップには要注意


近所にあるからという理由でリサイクルショップに着物買取をお願いするのはオススメできません。

なぜかというと、リサイクルショップでは着物をキログラムあたり100円のような買取方法をしているところもあるからです。

せっかく高級な着物をもっていても、従量買取されてしまっては納得いく値段がつくはずがありません。
旅館の女将をやっていて日常的に着物を着ているという人でもないかぎり、着物にはたくさんの思い出が詰まっていますよね。

嫁入り道具として実家から持ってきたものかもしれませんし、成人式のときに人生の門出だからと両親が奮発して用意してくれたものかもしれません。たとえ着た回数が少なかったとしても着物には持ち主だけが知っているストーリーがあるはずですから、安く買取されるのは納得いきませんよね。

そんな思い出が詰まった着物を300円とか500円、ときには「これは古くて値段がつけられないなぁ。0円でなら引き取ってもいいよ」と言われては頭にきてしまいますよね。

ですので、着物の買取は着物を専門的に扱っている買取サービスを利用することをオススメしています。
買取業者の中には着物だけでなく、切手やコインなどを買取商品として扱っている場合もありますが、着物を売りにしているサービスなら心配はいりません。プロの鑑定士が着物の状態を確認して買取価格を提示してくれます。

リサイクルショップは基本的に着物の価値を考慮して買取価格を決めてくれません。きちんとした値段で買取をしてもらうためにも、家具や家電などなんでも取り扱っているようなリサイクルショップに大切な着物をもっていくのはやめておきましょう。適切な買取価格を提示してくれるのは近所のお店ではなく、専門的な知識をもったお店です

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント

買取サービスに査定してもらうのがベスト


「直しに手間がかかる着物は買取価格が安くなりがちで、リサイクルショップではとくに扱いがひどいことはわかった。だけど、どこで買取をお願いしたらいいのかな」

実は最近、インターネットで申し込みができる着物買取サービスの利用者が増えています。着物の買取というと呉服屋さんや質屋を選ぼうと考えるかもしれません。

なかには百貨店の委託販売を利用して少しでも高く売りたいと考える人もいるかもしれませんね。
ですが、インターネットでの買取の方が手間がかからない上に値段も高く買取してもらいやすいです。

インターネットで着物買取査定を依頼すべき理由

・店舗運営をしていないのでムダなコストを削減できている
・オークションなどの独自販売ルートを持っている
・業界の市場規模が大きくなっているので買取金額が高くしやすい

「着物が納得できる高値で売れた」という人のほとんどはオンラインで着物買取サービスに査定を頼んでいます。

以上の理由から、着物の買取は近所のリサイクルショップや呉服屋さんに頼むよりもインターネットで買取査定の申し込みをした方が高い値段で引き取ってもらえます。

普段から着る機会がないまま収納スペースで邪魔になってしまいがちな着物ですが、納得いく値段で売れることがとてもよくなります。使わないまま保存しておいたり、不要品として処分するよりも、納得できる値段で買取してもらった方がうれしいですよね。

インターネットから申し込みができる着物買取のサービスは査定だけなら無料で依頼できるので、まずは申し込みだけしてみましょう。キャンセル料が取られることもないので「うちにある着物はいくらで売れるのかな」と気になっている人ほど、まずは申し込みしてみるのがオススメです。

 【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント