バイセル(スピード買取.jp)はテレビCMや有名タレントを広告塔とし、着物買取をお考えの方なら1度は聞いたことがあるほどの高い知名度を誇っています。

「他店よりも1円でも安く買取をおこなうこと」を掲げており、着物買取業者の中でも高額買取をおこなってもらえることでも有名です。

バイセル(スピード買取.jp)は過去には消費者庁から商売方法に関して注意勧告を受けています。
「高額買取するから押し買いされるのでは?」「消費者庁から注意勧告を受けているってきいた」といった、過去の悪い噂は今でも尾を引いているからといえます。

消費者庁から注意勧告を受けたことは事実ですが、現在は着物買取業者の中で知名度・満足度トップを争うほどの業者になりました!

バイセル(スピード買取.jp)が注意勧告を受けた理由や、現在の経営方針について徹底的に調査しました。
これから、バイセル(スピード買取.jp)の利用をお考えの方はぜひご参考にしてください!

バイセル(スピード買取.jp)が悪徳と言われる理由


バイセル(スピード買取.jp)が悪徳な着物買取業者だと言われる理由は下記の3点です。

バイセル(スピード買取.jp)が悪徳と言われる理由

・消費者庁から業務に関して注意勧告を受けたことがある
・過去の悪徳イメージが尾を引いている
・主張買取は押し買いの危険性があるイメージ

現在、バイセル(スピード買取.jp)は業界の中でも知名度や認知度トップを争う優良着物買取業者ですが、過去には良くない噂もありました。

バイセル(スピード買取.jp)は、過去の消費者庁から出張買取に関して注意勧告を受けています。
実際にバイセル(スピード買取.jp)が受けた注意勧告の中身や悪徳業者という噂がある理由を確認しましょう!

消費者庁からの注意勧告


注意勧告とは業務の改善を求める物であって、法律違反を犯した悪徳業者であるという意味ではありません。

消費者庁から注意勧告を受けた理由は下記の5点になります。

バイセル(スピード買取.jp)が注意勧告を受けた主な理由

・貴金属を無理やり買取
・突然の訪問買取
・買取明細の不備
・クーリングオフの説明をおこなわない
・利用者に迷惑をかける

消費者庁が提示した「平成27年3月20日特定商取引法違反の訪問購入業者に対する 指示処分について」を参考にしました。

注意勧告の内容を1つずつみていきましょう!

貴金属を無理やり買取


利用者が用意した着物や査定をおこなってもらう予定であったものを査定した後に、利用者にとって売却予定のない「貴金属」の買取について唐突に勧誘したことで注意勧告を受けています。

バイセル(スピード買取.jp)が着物買取をおこなうさいに「着物買取業者」であることを提示する義務があります。
ですが、バイセル(スピード買取.jp)は着物買取業者と名乗り出張買取をおこなった後に貴金属の勧誘をおこないました。

この行為が「氏名等不明示」に接触するとされました。

突然の訪問買取


キャッチセールスや電話販売といった方法で突然、商品やサービスを勧誘する行為は法律で規制されています。

もし、現在自宅にキャッチセールスなどがきた場合は法律違反に当たる場合が高いため断固とした意志でお引き取り願いましょう。

バイセル(スピード買取.jp)では過去、いきなり自宅訪問をおこない「貴金属の買取」の勧誘をおこなったとして注意勧告を受けました。

「不招請勧誘(ふしょうせいかんゆう)」にあたるとされました。

買取明細の不備


買取業者には消費者宅で物品の売買が締結した際、「その品物がいくらだったか」という、明細書を提示する義務があります。

バイセル(スピード買取.jp)では、1品ずつの明細をだしておらず不明確な売買がおこなわれていたので、改善の指示を受けました。

このことを「書面記載不備」といいます。

クーリングオフの説明をおこなわない


買取業者に対して8日間、消費者は品物の受け渡しを拒否し、契約を破棄することができる「クーリングオフ制度」があります。

このクーリングオフについて買取業者は消費者に説明する義務がありますが、おこなっていませんでした。

クーリングオフの制度は立場の弱い消費者を守る重要な制度であり、必ず説明するべきものと定められています。

クーリングオフを説明しない行為は「物品の引渡しの拒絶に関する告知義務違反」にあたります。

利用者に迷惑をかける


買取業者は利用者が迷惑を覚える行為をしてはいけない、と決まっています。

ですが、「他にもあるでしょう。見せてくださいよ」「見せるだけでも結構ですから。何か使っていない物があれば見せてください」と、声を掛けて利用者が売るつもりが無いものまで査定し、買取をおこなおうとしましました。

こういった利用者の迷惑になる行為は「迷惑勧誘」とされ、規制されています。

過去の悪いイメージ


バイセル(スピード買取.jp)は消費者庁から注意勧告を受ける前までは、着物買取の査定をおこなった後、利用者に売る意志がないものまで査定し買取をおこなおうことをしていました。

また「ガソリン代をかけて来たんですよ。このまま手ぶらで帰ると上司に怒られてしまいます」と、迷惑勧誘をおこなうこともありました。

平成27年に注意勧告を受けて以来は、利用者のためにならない行為は一切おこなわず優良買取業者として業績を伸ばしています。

過去のイメージがまだ、尾を引いて「バイセル(スピード買取.jp)は悪徳業者だ」と言われることもあるでしょう。

ですが、今では業界最大手の勢いを誇っており、お客様からの満足度も高い信頼できる買取業者といえます。

買取業者には「押し買い」のイメージがある


バイセル(スピード買取.jp)に限らず、買取業者全体に「押し買い」をおこなうイメージがあります。

押し買いのイメージがついたのは、一部の悪徳な業者が利用者が納得していないにも関わらず買取ることを推し進めることが原因です。

現在、法律の規制も厳しくなっており悪徳業者は減っています。
このまま、優良買取業者が増え続ければ買取業界全体に「押し買い」のイメージもなくなるでしょう。

バイセル(スピード買取.jp)は詐欺なのか?


バイセル(スピード買取.jp)について徹底的に調査した結果、過去には消費者庁から「注意勧告」を受けていたことは事実です。

現在は注意勧告を受けた内容を全て、改善し業界の中でもトップシェアを誇る優良買取業者に成長しました。

過去に注意勧告を受けたことに正面から向き合い、改めて利用者の満足する業務体制を整えたことがわかります。
また、注意勧告は法律違反をおこなったということではなく「業務を改善してください」という「指示」の1つです。

行政の支持に従い、現在では他店よりも1円でも高く買取をおこなってくれるバイセルは悪徳業者ではないといえるでしょう。

まとめ


バイセル(スピード買取.jp)の過去を知ることで、買取業者の中には悪徳な買取方法をおこなっているところがあることも知ってもらえたでしょう。

業務改善をおこないバイセル(スピード買取.jp)は優良買取業者になりましたが、現在でも不正な買取をおこなう買取業者は少なからず存在します。

過去のバイセル(スピード買取.jp)の事例をもとにして少しでも「おかしいな」「迷惑だな」と思うことがあれば断固として買取を拒否し、消費者センターに相談しましょう!

バイセル(スピード買取.jp)以外にも、様々な買取業者が存在するため自分の用途にあった買取業者を見つけください!


 おすすめ着物買取サービスランキングベスト3!利用した感想アリ!

着物買取一括見積もりで10秒カンタン最高値判定!

買取見積もり一括依頼を受け付けました。
内容を確認して改めてご連絡させて頂きます。

郵便番号
住所
お名前
電話番号
メール
希望買取方法
 
  • ※ 郵便番号を入力してください
  • ※ 住所を入力してください
  • ※ お名前を入力してください
  • ※ 電話番号を入力してください
  • ※ メールを入力してください

プライバシーポリシーはこちら


【落とし穴】着物買取で大損しないための鉄則2つと高額査定6つのポイント

おすすめ着物買取サービスランキングベスト3!利用した感想アリ!